遺品整理でお困りではありませんか?専門業者がいます

自分に近しい人が亡くなって、最後に故人が残した遺品を整理、処分して片づけていく作業を誰しも将来しなければならないでしょう。
こうした遺品整理を実際にする時になって困ることがあるかもしれません。
遺品をきちんと整理整頓して、個人を供養していきたいものです。

遺品とは?

thrsts
故人が残した物が遺品ということになりますが、そもそも遺品とはどんなものなのでしょうか。
遺品の定義として、一般的には動産のことを指します。

不動産のことを表す、土地およびその定着物以外の物です。
動産は現金、商品、家財などの、そのものの形を変えずに移転できる財産のことを言います。

故人が生きている時に使用していた生活雑貨や、衣類、家具、家電製品など、財産価値の低い物品も含まれます。

故人の遺品を遺族で分け合う、形見分けも故人が亡くなってしばらくして行われることもあれば
借家や賃貸アパートなどの賃貸住宅をすぐに明け渡さなければならないような時は、葬儀などがすんでから時間を空けずに遺産整理、処分にあたる場合もあります。

 遺品の分類

遺品にも様々な種類がありますので、主なものを挙げます。

まず、金品や通帳印鑑などの直接な財産である貴重品。
写真や手紙、趣味の道具などの思いでの品。

衣類。生活家電や家具。冷蔵庫内にある食品。

いろいろありますが、思い出の品は遺族が引き継ぎ持つということが多いようです。

 近年の状況

近年では、少子高齢化、核家族化の背景に伴い、一人暮らしの老人が多く存在します。
そこから、老人の孤独死も増えてきて故人が残した大量の生活家具や生活用品が
残された遺族にとって処分する時の負担となっています。

数多くの衣類や書籍、大事にされていたコレクション品など、片づけを行うだけでも
時間が膨大にかかり、処分には尚更時間が必要になってくるでしょう。

捨てる時の判断などは、普段私たちが生活している家の整理の時にも悩みの種です。
故人の物ですので、これは大事だろうか。と一つ一つ判断するのは非常に困難です。

使えない物は捨てる、使える物は引き継ぐ、余分な物は寄付でもいいでしょう。
しかし、時間のない方にとってはとても出来る作業ではありません。

 遺品整理専門業者

遺品整理を遺族だけでできない程大きな家や遺品の数が多すぎる場合には、遺品整理の専門業者に依頼してみましょう。
まずは、電話で相談して大まかな見積もりを立ててもらいます。

そして、電話上での見積もりをもとに、後日都合のいい日に費用の概算、目安料金をもとに打ち合わせに入ります。

現地の家での無料の見積もりから、特殊な作業が必要でない限りはその場で金額提示をしてもらえます。
当日の立ち合いが出来ない場合でも、鍵を預けて業者に任せることもできます。

その場合には、事前の打ち合わせの時に処分品などの指示をしておくか、作業前に自分たちで必要な物は取り出しておくと
スムーズに短時間で作業を進めてくれるでしょう。

料金の支払い方法は様々ですが、料金概算の時にあらかじめ確認をしておくと良いでしょう。

ほとんどの所は、回収した物をリサイクル可能な物は、修理、補修して再利用に回しています。
廃棄処分するに至った物についても、それぞれの素材ごとに分別して使えるものはまた使い
埋め立て、焼却処分していますので、その後のことについても安心です。

また、作業にあたるスタッフについてはどこも様々な現場経験豊富な人が多いので、対応等については心配ありません。

遺品整理については、品物、故人の想いも考えると処分か引き継ぐか難しいことも多くあります。
自分たちだけでは難しいそうした判断も過去に経験し、整理の専門業者に相談したケースをもとに解決の糸口になるかもしれません。
なるべく早く整理しなければいけない時に、悩んだらこうした専門業者を頼ってみてはいかがでしょうか。

新着情報

◆2016/08/27
遺産を供養して亡き故人の思い出を天国へを新規投稿しました。
◆2016/08/26
遺族の心強い味方遺品整理士になるにはを新規投稿しました。
◆2016/08/25
遺品整理士の仕事とはを新規投稿しました。
◆2016/08/24
故人の思い出と共に住んでいくを新規投稿しました。
◆2016/08/23
遺品整理でお困りではありませんか?専門業者がいますの情報を更新しました。